スプラトゥーン飽きたらWiiU買取

子供の頃ニンテンドー64を持っていなかった私は、友達の家に行き007ゴールデンアイをよくやっておりました。

スプラトゥーンはとても007ゴールデンアイに似ていると感じます。

銃を使い的を倒すというゲームが007ゴールデンアイでしたが、スプラトゥーンはイカ人間同士がペイント弾を利用して、敵をペイントだらけにすると倒れる、というゲームだが、勝敗は、陣地取りゲームになる

スプラトゥーンのゲームモードは対戦とネット対戦、ストーリーの三部がある。

最も人気のあるネット対戦ですが、通常モードと、ガチモードがあります。さらに期間限定のフェスモード(すでに終了)がありました。

通常モードでは、4対4でチームが分かれ、床や壁を自分のチームの色にペイント銃を利用して染めるというもの、ただ相手にペイント弾を当てると当たった相手は、倒れ、スタート地点に戻る、これを繰り返していき3分間戦うペイント銃や服、靴、帽子などの装備品はゲーム内のコインを使用して買う、装備品はそのそれぞれに強くなる特徴があり、特にペイント銃は、戦い方があわるほどの特徴がある。

4対4のネット対戦だがチーム内での通信機能はなく、地図を見ながら味方の動向や敵の動き方を確認しながら行動したり、敵を倒すためだけに行動している者もいる、プレイ方法だが、イカ人間モードとイカモードがあり、どちらも海に落ちると倒れる、大きな違いは、ペイント銃はイカ人間モードでないと打てない点である、もちろんイカモードも利点があり、自分の色が付いている床、壁では姿を隠せたり、高速移動が可能となっています。

両モードとも敵の色が付いた箇所では、ほとんど動けなくなるため、行動しながら色を塗っていく必要があります。

次にガチモードですが、こちらは勝敗のつけ方が大きく変わってきます。

時間によって異なる3つの戦い方があり、ガチヤグラ、ガチホコラ、ガチエリアがあります。

ガチヤグラは、ヤグラに乗り続けることにより、ヤグラが移動所定の位置まで乗っていれば勝ち、ガチホコラは、台風を打てるホコラを持ち所定の位置まで持ち運ぶと勝ちガチエリアは、所定のエリアを塗り、時間経過により勝ちと通常モードより難しい設定になっている。

ガチというだけに上下変動があるランクをつけ、みんなガチでやっている。通常モードやり倒し倒されたりがとても多いです。

総括しまして、任天堂のゲーム内では大ヒットだと思います。

一度は遊んでみていいんじゃないかなと感じております。

思う存分遊んで飽きたらWiiU買取に出せば、それなりの値段で売れますよ。

WiiU買取 | 高く売れるゲーム買取業者を比較してランキング

もちろんお店にもよりますがWiiUはまだ新しいゲームなので比較的高値が期待できます。